アフリカンフェスタ2011 報告

2011年11月12日、13日と開かれた外務省主催アフリカンフェスタ。
パシチガレムビラズは13日のアフリカンビートステージに出演しました。

当日は最高の秋晴れで、気持の良いお天気。
横浜の山下公園での開催でしたが、
ステージからは海が目の前に見えて、
客席は木々の生い茂る芝生。
とても開放的な舞台設定で、気分最高でした。

シェーカーを持って一緒にビートを刻むお客さん、
楽しそうにダンスするお客さんと、
一緒になって僕らも楽しく演奏できました。
いつもは2時間以上ライブするので、
やっと温まってきたかなというところで終了しましたが。

メインステージに行ってみると、
コラの大合奏。これだけの人の合奏は初めて見ました!

いつかムビラの大合奏もメインステージで行いたいものです。

横長に広がる公園全体に、アフリカとの関係を築きながら活動するNGOや各国大使館のブースが展開し、アフリカの物産がところ狭しと並べられていました。

もちろん、北アフリカのファラフェル(豆コロッケサンド)から、
西アフリカのシチューまで、
アフリカの多様な食文化が一度に楽しめるのもビッグイベントならでは。
こちらはエチオピアの美しい文化、コーヒーセレモニー。

しかしながら、どこのブースも大変長い行列ができており僕らは断念。
すぐ近くの中華街まで行って中華料理を食べました。
こちらも、もの凄い人混みでびっくりしましたけど。

行列の肉まんを購入し、ご満悦のSUMI。