ムビラの製作現場公開

ムビラがどのようにして作られているのか、みんなに知ってもらいたかったので、ガリカイ氏とアドマイア氏のムビラ製作の様子を動画で収録してYouTubeにアップしました。

動画をご覧いただければ分かるように、ムビラのキーは一本につき何百回も重たいハンマーで叩いて伸ばしていきます。映像を最後まで見ても大して進展がありません。非常に地味な作業です。

僕も一度ガリカイ氏に頼んで、作らせてもらったことがあるのですが、垂直にハンマーを振り下ろさないと、ワイヤーはまっすぐ伸びてくれません。安定した品質のムビラを作れるようになるには熟練が必要です。

どんなに作業の早い職人でも1日1台程度しかつくることができません。一台一台に大変な労力がかかっていることを理解していただければ、ムビラへの愛着もより一層沸いてくるのではないかと思います。

●ガリカイ・ティリコティ氏の製作風景

自宅の庭先にある作業場にて。ガリカイ氏の周りには廃材のワイヤーが散乱していますが、この中からいい太さのものを選んでキー作っていきます。
ワイヤーも適当な硬さというものがあるそうです。職人によって好みも違いますが、柔らか過ぎれば丈夫なムビラはできませんし、硬すぎると作業が大変です。(収録2006年)

●アドマイア・チナクウェ氏の製作風景

自宅の庭先にある作業場にて。一人でほとんど製作するアドマイア氏は作業を効率よく進めるために、グラインダー(研磨機)を使っています。映像には近所の 子供たちが元気に裸足で駆け回る姿が映っています。のんびりと過ぎてゆく時間の流れも感じてください。(収録2006年)