ムビラに出会う旅 その1(世界一周を目指して)

以前、「アフリカモード」という自費出版本に自分がどのようにムビラに出会い、惹かれていったのかを書いて寄稿しました。広くブログの読者にも読んでいただきたいので、加筆訂正して今後不定期連載していきます。 --------------------------------------- 2000年10月の秋晴れの日、一人で世界一周の旅に出発する為、大阪から上海に向かう船「鑑真号」に乗り込んだ。いつ日本に帰るかはもちろん決めない。 親には適当に「1、2年で帰るよ」と答えておいた。27歳、仕事も辞めて、これまで築いてきた全ての人間関係に一度別れを告げる。大げさに思われるかもし れないが、皆に二度と会えなくても仕方ない位の覚悟が出発には必要だった。 出発の数ヶ月前、親に旅の決意を伝えると「日本の生活は安全で快適なのに、なんであえて大変な所へ行くのか?」と理解できないようだった。反対とは言わな いが、賛成…

Read More

明けましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。 めでたい話をすべき新年早々になんですが、経済不況は好転する兆候もなく、政治では戦争の火種を作る人たちが活躍、物騒な方向に世界が少しずつ進んでいま すね。去年はウィキリークスによる機密情報の暴露が盛り上がりましたが、その中にはムビラの故郷ジンバブエのアメリカ大使館公電情報もありました。「ジンバブエのムガベ大統領の妻を含む政権上層部の人々が違法なダイアモンド取引で利益を得ている」という内容です。  ただし、アメリカはブッシュ時代からムガベ政権を北朝鮮と並び「悪の枢軸」の一つとして非難し、経済制裁をしてきました。このリーク情報がアメリカによ るプロパガンダとして利用されている可能性があることを踏まえておかないといけません。ジンバブエ東部のムタレには、この100年で見つかった中で世界最 大と言われるマランゲ・ダイアモンド鉱山があり、ジンバブエと白人鉱山会社がこ…

Read More

「オルゴール=ムビラ起源説」を追う

「ヨーロッパで生まれたオルゴールは、アフリカのムビラが起源である」という説がムビラ好きの人々の間でまことしやかに言われています。確かに音色が似ているし、ムビラを自動機械化するとオルゴールになりそうな気がします。しかし、この説は本当なのでしょうか。 日本には全国にオルゴール博物館がなんと10以上もあります。よっぽどオルゴール好きな国民なんですね。「これなら音色が似ているムビラ好きが増える可能 性も高いぞ!」と一人でぬか喜んでしまいました。それはさておき、京都にある京都嵐山オルゴール博物館に、現存する世界で最古に作られたオルゴールが所蔵 されていることが判明。 京都嵐山オルゴール博物館のホームページ そのオルゴールは1796年にスイスの時計職人アントワーヌ・ファブールによって制作されたもの。シリンダーという筒に突起をつけて金属の棒をはじき、音を鳴らす装置というのがオルゴールの根本アイデアです。…

Read More
Mbira Music Festival 終了!

mbira music festival 終了!

10/10に神戸港の埠頭建物を利用した場所で行われたムビラのビッグイベント「mbira music festival」が大成功のうちに終了しました。ライブ、一般ステージライブ、多彩なワークショップ(トンデのショナ語、ホーショー、ダンス、ハヤシエ リカの紙芝居、マジタテグル・ワカのビーズ教室、ジョセフ・ンコシのマリンバ、JT STARSのアフリカ料理、さかきマンゴーのカリンバ、くまさんとチョコリンガーズあゆむくんのムビラ、チョコ・パクチョイのダンスなど盛りだくさ ん!)、美味しいご飯の出店が同時進行で開催され、休む暇がもったいないくらい充実した内容。  僕もパシチガレ・ムビラズのライブ、ジャカナカ・ムビラサークルのライブ、ジャカナカショップ出店、合間に全体の記録撮影と大忙しでしたが、全員参加型で、みんなで作り上げる素晴らしいイベントでした。僕が撮った写真の一部を公開! https://lh3…

Read More

トンデライ・ティリコティ 初のソロCD発売決定!

発売日:2010年10月24日(日)  同日、アルバムリリースパーティ@アフリカ大陸にて開催 2010年10月10日(日)Mbira Music Festival@神戸の出店ブースにて特別先行発売! タイトル名「Ndoenda nesango(ンドエンダ ネサンゴ)」。 トンデライ自身による作詞、編曲、そして9台の異なるチューニングのンビラ、ホショ2台を一人で演奏し多重録音した全5曲、総時間52:48のンビラ・スペクタクル。日本語、ショナ語のよる歌詞、8ページブックレット付き、税込¥2500。 これがショナ族の伝統「Mbira Dzavadzimu(ンビラ ザヴァズィム)」、精霊達に捧げるンビラ・オーケストラ。 ムビラジャカナカオンラインショップにて予約受付中! トンデライ・ティリコティ プロフィール 1984年アフリカ・ジンバブエ郊外のチトゥングィザ生まれ。ショナ族の伝統「Mbira d…

Read More
高知ツアー報告番外編

高知ツアー報告番外編

今回のツアーの正式報告はパシチガレ・ムビラズのブログをクリック! 今回の高知ツアーは3日間で5本のライブという過密スケジュール。 観光らしい観光をする時間はありませんでしたが、 合間を縫って街歩きをしてきたツアー報告番外編をお届け! 高知空港から土佐中学校へ。中学一年生全員を対象に講演を行います。 準備を終えてまずは学食にお邪魔して昼食。激安学食価格が懐かしいです。 縁の無い遥か遠くの国ジンバブエに興味を持ってもらう為に、クイズを交えて文化紹介。 後半はムビラ文化の紹介と演奏。生徒を巻き込みみんなで踊って盛り上がりました。 次に向かったのは夜のライブが行われる「とさを商店」がある赤岡という小さな町。 昔ながらの田舎のひなびた商店街の趣漂う一角にある骨董屋+リサイクル店+ギャラリー+コミュニティラウンジを全部掛け算したようなお店「おっこう屋」。車で前を通ったときに「どこかで見た覚えがある!」…

Read More
ムビラ音楽の真髄「ビラ(儀式)」

ムビラ音楽の真髄「ビラ(儀式)」

昨年に続いて今年も東京の一番山奥で開かれたムビラの儀式「ビラ」。 一晩中ムビラを演奏して歌って、踊って、楽しんだ。 JR五日市線の終着駅「武蔵五日市駅」から更にバスに乗って川沿いをさかのぼり、山の奥へと分け入っていく。45分ほどで下車し、清流にかかる吊り橋を反対岸に渡ると会場がある。 宿泊小屋とキッチン、川にせり出した舞台があるだけの簡素な施設だが、それがかえって良い。 自宅から現地までドアトゥドアで4時間。辿り着くまでは、その距離がおっくうになりそうだが、来てしまえば、「やはり来て良かったなあ、そういえば去年も同じように感じたっけ」と思い出した。街の磁場から解き放たれて自然の懐にいだかれるのは気分がいいものだ。 男性陣は薪を割り、焚き火を作る。昔石窯パン屋で働いていたというタカシくんは見事な斧さばきで真っ二つに割る。女性陣は料理を作る。フライパン3つでひたすらキャベツを炒めている。毎 日…

Read More
ジョナムビラを使用して製作されたアルバムが発売!

ジョナムビラを使用して製作されたアルバムが発売!

タイトル 眠りの樹木 アーティスト名 森の人 - MbiraKalimba Acoustics 配信開始日 2010.08.11 レーベル バウンディ株式会社 収録曲数 全4曲 価格 600円(税込) 「森の人」はモダンで多彩な音楽をクリエイトするアーティスト。 同氏が演奏用にムビラを購入するために、ばおばぶ教室に現れたのは2009年10月のこと。 オンラインショップで事前に音色を吟味して候補を絞り込み、 それらの中から、更に自分で実際に弾いてみて選ばれたのが、ジョナ「大」ムビラだった。 ジョナムビラの紹介ページはこちら 以来いつかムビラが「森の人」の楽曲の中でフューチャーされる日が来るのを楽しみに待っていた。 そして時は経ち、2010年8月、僕の手元にこのアルバムが届けられた。一曲目「ジムノペディ第1番」はエリック・サティが1888年に作曲したピアノ 曲。誰しもが聞いたことのあるクラッシ…

Read More
ムビラサミットと海を満喫するお得なプラン!

ムビラサミットと海を満喫するお得なプラン!

いよいよ今週末に迫ってきた第5回ムビラサミット@鎌倉海の家ASIA。 天気予報は曇り時々晴れ、予想最高気温30度とまずまずのムビラ日和のようです。 予約はもうお済みですか? まだお済でない方は下記のメールアドレスに今すぐ人数と名前付で送信してくださいね。 ライブだけではなく特別企画として、僕のショップでも販売している「魔法の工房」さんによるアフリカングッズファッションショーも予定。僕も楽しみにしています。 今回は海の家をお借りしてライブをやるわけですが、当然海の家としての利用も出来ます。 ASIAからイベント参加者への特典として、 休憩、シャワー、トイレ、荷物預かり、脱衣の出来る利用券が1500円のところ、 特別に1200円でOKです。 しかも隣の海の家「浜茶屋」も無料で利用可! 折角海でやるんですから、午前中から海で遊んで 午後はムビラサミットも楽しむという夏満喫な一日を過ごしませんか?…

Read More
本邦初登場?!芋虫シチューを食べ逃すな!

本邦初登場?!芋虫シチューを食べ逃すな!

5月に僕らパシチガレ・ムビラズのメンバー「スミ」がジンバブエに修行しに行くと聞いて、名物店長ファンタさんが「芋虫を買ってきて!」とお土産のリクエストした。  ジンバブエでは、ある種の乾燥芋虫が「マドラ」という名前で普通に食品として流通している。ジンバブエで一番大きなムバレ市場に行けば、山盛りになった 黒いマドラを見ることができるし、スーパーマーケットにもパッケージに入って売られている。OKスーパーの惣菜コーナーにもトマト味のマドラシチューが陳 列されていて、食べたことがある。味はともかく、見た目が食欲を激しくそそらないので、僕に関係の無い食品だと結論して、それ以来見て見ぬふりをしてい た。  しかし、6月にスミがジンバブエから「マドラ」と共に戻ってきた。トンデとお客さんで来ていたジンバブエ人女性によると美味しい調理方法は、乾燥したマドラを水で戻して、塩味で炒めるか、あるいは揚げてトマト味の…

Read More