JONA L1

ジョナ・ワザラ製作西洋音階ムビラ(大サイズ)

¥25,000

商品カテゴリー:

商品説明

チューナーで調律してある西洋音階のチューニングです。
深い音色の秘密は大きいウンドボードと幅広いキー。
しかし粘りのある鉄を平たく伸ばした柔らかめのキーなので
指で弾く力もそれほど必要としません。
サイズは大きめだから手の小さな人には向きませんが、
ジョナムビラの特徴である深みのあるサウンドの醍醐味が味わえます。
初めての一台を考えている方からずっと大事に使いたい方にもお勧めのムビラです。

チューニング:ニャマロパチューニング(スタンダード)
サイズ平均:縦23cmx横20cm
手のサイズ:ふつう~大きめ
キー音(主音):G#

ジョナ氏のムビラ作りの才能は先祖代々受け継がれてきたもの。ムビラの本場であるモンドロ地方出身。彼の父はまだジョナ氏が幼い頃にムビラを製作していました。ジョナ氏も物心付く前からムビラに親しんでいました。大人になり首都ハラレに住むようになってから、本格的にムビラを製作し始め、現在に至ります。若いですが音感も良く、器用にムビラを一人で造ります。


■このムビラを使用して製作されたアルバムのご紹介■

9AEB.tmp

アルバムタイトル 眠りの樹木
アーティスト名  森の人 – MbiraKalimba Acoustics
配信開始日 2010.08.11
レーベル バウンディ株式会社
収録曲数 全4曲
価格 600円(税込)

「森の人」はモダンで多彩な音楽をクリエイトするアーティスト。
同氏が演奏用にムビラを購入するために、ばおばぶ教室に現れたのは2009年10月のこと。
オンラインショップで事前に音色を吟味して候補を絞り込み、
それらの中から、更に自分で実際に弾いてみて選ばれたのが、ジョナ「大」ムビラでした。

そして、2010年8月、手元にこのアルバムが届けられました。
一曲目「ジムノペディ第1番」はエリック・サティが1888年に作曲したピアノ曲。
誰しもが聞いたことのあるクラッシックのムビラヴァージョン。
ジョナムビラの透明感がマッチして、元々ムビラで作られた曲だったのではないかと
思うくらいハマッています。二曲目以降のオリジナル曲もアコースティックギター、
カリンバと絡み合いながら存在感のあるジョナムビラ音色が全体を通して響いてきます。

今年の夏はとても暑いが、パソコン作業をしながらこのアルバムを聞いていると、
気温が下がりスーッと汗がひいていくような感覚を覚えます。
涼しげで、落ち着いており、森の中にたたずんているような世界。
アコースティックな上質のチルアウトミュージックに仕上がっています。
「眠りの樹木」の試聴と購入ページはこちらからどうぞ
iTunes Store(Mac/Win)  
Mora(win)

追加情報

重さ 0.9 kg
大きさ 15 x 13.5 x 00 cm